【東京】志を行動に移す!!SSM講座(サムライ・セルフ・マネジメント)

地図が利用できません

日付/時間
Date(s) - 2021/03/21
AM 10:00 - PM 7:00

場所
八王子ネット

カテゴリー カテゴリー なし


こんにちは。佐藤惠一と申します。
書籍「お辞儀のチカラ」でも紹介されている
SSMのリアル講座のお知らせです。
■日時:3月21日(日)10時~19時
■会場:八王子市元横山町3-1-5 サンハイツ地下1階
八王子ネット事務所
https://goo.gl/maps/2XtwuxZWW2joLYZ28
※JR八王子駅北口より、京王線京王八王子駅西口より、ともに徒歩15分ぐらいです。
■参加費:1万円
(会場にて現金でお支払いください)
■参加資格:武学に興味がある方であれば誰でもOK!
未経験でもお気軽にご参加ください。
■持ち物
・筆記用具
・水(水分が不足するとエネルギーが通りにくくなるため)
・書籍「お辞儀のチカラ」をお持ちの方はご持参ください
■入退場について
9時45分から入場できます。
10時オンタイムでスタートしますので
時間厳守でお願いいたします。
■参加される方は当サイトの上部にある「参加予定」を押してください。
~~~SSMの主な内容について~~~
「SSMって何?」という方のために、
レノンリー著「お辞儀のチカラ」P.4から抜粋します。
————————————-
本書ではあなたの人生の目的を成就していくための
目標設定や具体的な行動プランの作成方法についても
紹介していきます。
その柱となる大切なことは次の三つです。
➊生き方(志)
➋あり方(礼)
➌やり方(行動)
これらは世界を動かしてきた者だけが知る
叡智の数々を基に30年以上の歳月をかけて
研究・実践・検証し体系化したものです。
➊生き方(志)➋あり方(礼)については、
6400年前から皇帝や軍師など国の最高統率者に
極秘に伝承され進化発展してきた
帝王学「武学」を基にしています。
➌やり方(行動)については、
アップル、モルガン・スタンレーアメリカン・エキスプレスP&G
など
フォーチュン500企業の約8割が採用している
会議法・マネジメント術を参考にし、わかりやすく
個人向けにカスタマイズしたものです。
本書で紹介していくこの仕組みを
「SSM(サムライ・セルフ・マネジメント)」
と名付けました。
このSSMをまずは私自身に施したところ
国際的な武術大会で2年連続世界チャンピオンになることができました。
そしてその再現性を検証するために弟子にも施したところ
4人の世界チャンピオンと13人の日本チャンピオンを生み出すことにも成功しました。
ですから世界一・日本一を育成するメソッドと言えるかもしれません。
(レノンリー著「お辞儀のチカラより」抜粋)
————————————-
このようにレノンリー先生が30年以上をかけて研究し
そして同志の皆さんと実践・検証をくり返して誕生したプログラムが
「SSM(サムライ・セルフ・マネジメント」です。
もっと詳しく知りたい方は、こちらをご参照ください。
※※動画もあります※※
https://bugaku.kyouiku.co.jp/lp/ssm_online/
SSM講座では、志を引き出して終わりではなく
その志を成就するための具体的な行動目標まで作成します。
ですので、
「志は引き出したけれど、崇高すぎて何をしていいのか分からない・・・」
ということは起こりません。
講座後から志成就に向けた行動を開始することができます。
進行役と講師は武学指導者グループ・彌勒相対力学研究所のメンバーが務めます。
・佐藤惠一
書籍「お辞儀のチカラ」「38億年の叡智とつながる」の執筆を担当
彌勒相対力学研究所メンバー
・小山裕
彌勒相対力学研究所・関東チームリーダー
■主催者より(佐藤より)
約3年前、私が初めて武学に触れたのがSSM講座でした。
(その時に初めてリー先生と安西先生にお会いしました)
SSM講座では「生き方(志)は自分自身で創るものだ」と聞き
「なぜ、そんなことに今まで気づかなかったのか!」と
目からうろこが落ちる思いでした。
それまでの私は、天命や志と言えるものを
自分の外側に探していたからです。
「自分が生きているうちに、
世のため人のためにできることは何か?」
そのような「志」という自分軸ができてから私は変わりました。
長年感じていた虚無感から解放されて、
生き方にブレがなくなりました。
とは言え、私も人間ですのでときにはブレることもあります。
ですが、志という自分軸があるおかげで路頭に迷うことなく
修正することができます。
もしこれを読んでいるあなたが、過去の私と同じような悩みを
お持ちであれば、SSMには志を引き出すワークがありますので、
是非体験されてみてください。
申込みは、Facebookより「参加予定」にして下さい。

コメント