【名古屋】 2022年6月18日 彌勒相研中部・関西エリア おもろな安西スペシャル稽古会 〜朱雀スペシャル〜


【活動報告】
2022年6月18日
彌勒相研中部・関西エリア
おもろな安西スペシャル稽古会@名古屋
〜朱雀スペシャル〜

彌勒相研メンバーの稽古会を、彌勒相研所長の安西裕也先生を呼んで、名古屋のレジェンドばぁばりんの『ばぁばさろん』で行いました。

得たい成果
・リラックスしておもろ〜な波を起こして自身の稽古会で伝える。

午前中は、振動法から始まり、みんなが彌勒相研の朱雀合宿で稽古していた鞭體、肩展から波を起こし相手に伝えていく稽古をしました。
一人で波を起こすことから、相手へ、二人へ、右から左へ、左から右へ波を伝えていく。
ゼロの波が伝わると楽しいです。
なぜか鞭體の動きの確認から形意拳の基本動作の稽古まで発展。
オモローな稽古です。

お昼はばぁばさろん近くの美味しいお蕎麦で舌鼓。

午後は、小さな振動法から。
見た目は揺れてないようでも身体の中で小さな振動を起こしてると相手に波が伝わります。
吐納法で、息を吸う、止める、吐くでの相手に伝わる感じを確認。
鞭體、鞭脚、肩展、鞭手の金水木火土系を呼吸を連動させながら丁寧に気功法も体感しました。
推手も少しやりりましたが、慣れてないと力が入りやすいです。
なので、最後は振動法て緩めて終了しました。

武学はどの稽古をしても思いますが、やはり対人稽古、そして、自身のバランス、相手との関係が大事だなぁと。

そして、毎回、彌勒相研中部・関西エリアの稽古会はいつもおもろ〜です。
次回の稽古会も楽しみです。

コメント