【活動報告】 2021年9月12日 安西先生特別稽古会@名古屋

presented by 中部・関西チーム

名古屋は毎回賑やかな状況で始まります。
今回も、司会のみっこさんが声を張って会場を鎮めたところから開始でした。
まずはアイスブレイクで自己紹介と得たい成果の確認でマインドセット。
このときも賑やかであちこちから笑いが起こってました。

❥参加者さんの得たい成果:
・ゼロ化
・日常に活かす
・エネルギーを感じる

参加者さんのマインドセットができたら安西先生登場。
まずは、志、相手との関係性の中で自分を知ることができる相対力学、骨格を整える七要の話があり、今日は七要の1番目、頸椎を使った対人ワーク稽古をしました。
頸椎のチェックを、検者のチェック方法も含め丁寧に行い、頸椎が整う感覚を感じたり、相手とのつながりを感じたりしました。

立ってするだけでなく、座ってチェックしたり、検査する指もすべての指でチェックしたりして、日常の様々な場面で頸椎を整えてゼロ化できる練習をしました。

次は、座って二人を相手にして、相手との関わりの中でゼロ化する練習をしました。

普段どういう状態でいても、行動を起こそうとしたとき、相手との間(相対力学)でゼロ化できると、スムーズに行動しやすくなります。

特別稽古会は、仕入れの場です。
仕入れたことを普段の練習会やお稽古会で体得したり日常で活用したりすることの方が重要です。
そして、頸椎はとてもズレやすいので、日常でも意識できるように、相手が近寄って来たとき、数人の人に抑えられたとき、たくさんの人たちに対してなど、様々な状況で頸椎を整える練習を行いました。

周りで起こることは自分の在り方の結果で起こっていることです。
その時その時の相手や状況に合わせて自分をゼロ化すると自分の在り方が見えてきます。
どういう在り方をするか、相手とどういう関係でいるか、何をするか、主体的に選び行動することが、より面白い世界を創っていく一歩です。

今回も名古屋は、どんどん笑いが溢れていき、参加者もスタッフも楽しく体感から多くの学びや気づきがあるワークショップでした!

❥参加者さんからの感想
・相手のエネルギーを聴くということは、日常で相手に合わせていくということだと感じた。
・日常で怒ったりイラッとしたりしたときに、頸椎整え直して
・色んな人と関わる中で、色んな自分の面を知ることができる。
・今日のワークで感じたことを対人関係に活かしていきたい。
・あらためて人と関わることが大切だと思った。
・チームシップの可能性を感じた。
・誘われたときよくわからないものに5,000円は高いと思ったが、来て体感してみて5,000円は安いと感じるくらい日常に活かせることばかりで、続けて行こうと思った。
・講師の安西先生の謙虚さにびっくりしたし、参加者もスタッフも笑顔ばかりで楽しくて来てよかった。

締めはもちろん弥栄〜🍺

コメント